okayama maruka corporation
青果物消費拡大推進委員会発足

 岡山丸果が本年4月以来提唱し、準備を進めてまいりました市場活性化対策としてのムーブメントは、7月8日、岡山市中央卸売市場青果部の荷受け2社、 仲卸業社25社が加盟する2協組合、小売業社163社の加入する岡山青果食品商業協同組合の代表10名が出席して設立総会が開かれ、委員長に発起人である 岡山丸果社長 浪越 清を選出し、“岡山市中央卸売市場青果物消費拡大推進委員会”として発足いたしました。

開設者としての岡山中央市場事業管理者 龍門 功氏は顧問としてバックアップされています。

この委員会は、昨今の消費者の野菜、果物離れを停め、食育の推進、消費拡大PR、啓発活動をすすめることで、市場、 国内農業の活性化につなげることを目的として、発足しました。

 今後この活動は、国、県、農業団体等にも参加を呼びかけ、今秋をめどに県レベルの協議会に発展させる方針にしています。



本年度の活動方針は、
子供達の市場見学会
親子料理教室
青果物の栄養成分と健康への効能の啓発、パンフレットの作成
おいしい食べ方レシピの作成
の実施を予定しています。

 皆様にとって市場がより身近で、生鮮食品の摂取が健康にいかに重要なものであるかを、再認識、理解していただくため、 地道な活動を続けてまいります。

岡山丸果は、この活動を全面的に支持し、関係者と共に活動、協力、推進してまいります。

どうぞ皆様からのご意見、お問い合わせをお待ち申し上げます。

平成18年7月9日 山陽新聞掲載