Outline会社概要

会社概要

社名 株式会社 岡山丸果
代表者 代表取締役社長  花房 昌男
所在地 〒702-8602 岡山県岡山市南区市場1丁目1番地
(オカヤマケン オカヤマシ ミナミク シジョウ 1チョウメ 1バンチ)
TEL 086-264-8211(代表)
FAX 086-264-1367(代表)
蔬菜部 086-902-0570 果実部 086-902-0571 外果 086-264-3514
設立年月日 昭和37年4月25日
資本金 7,500万円
売上高 150億1370万円 平成29年3月実績
社員数 58名(平成29年12月現在 パート、アルバイト除く男42名 女16名)
事業内容 岡山市中央卸売市場における野菜、果実、その加工品の卸売
(野菜66%、果実34%)
取引先 全農岡山県本部、他全国農業出荷団体、全国各地産地出荷業者、貿易商社
社是 信頼
卸としての使命達成及び会社繁栄のため生産者・買受人・消費者等社会一般から常に信頼されること。
努力
変化の激しい時代の青果物流通において、産地の要望に応えるため、常に情報収集に務め、 たゆまぬ工夫と努力によって会社に与えられた使命を達成すること。
愛情
コンピューター社会といわれる現代ではあるが、当業界の取引は常に人間関係が先行する。 生産者・買受人の期待にこたえる為、何事にも愛情を忘れず誠意をもって接すること。

沿革

1962年4月 資本金5,000万円にて会社創立
1962年6月 青江市場にて業務開始
1965年12月 独身寮、社宅用土地購入
1966年8月 独身寮、社宅落成
1967年4月 資本金7,500万円に増資
1967年5月 開設5周年記念式典挙行
1972年11月 開設10周年記念式典挙行
1983年2月 現在の市場1丁目に移転
1984年2月 社是の制定
1987年12月 青江加工場を新設し焼き栗製造開始
1990年12月 子会社 株式会社 サン丸果設立
1992年6月 創立30周年記念式典挙行
1998年3月 低温卸売り場完工
2002年4月 子会社 株式会社 岡印物流設立
2004年6月 促成低温売場完工
2004年12月 IP電話開始
2005年4月 卸売場低温化完工
2005年6月 インターネット光回線導入
2006年3月 荷捌き兼立体駐車場完成
2009年9月 新電算システム導入
2012年4月 創立50周年記念誌作成
2014年4月 カット野菜加工場完工
2015年9月 卸売場照明LED化

関連会社

子会社

株式会社サン丸果

市場事務所:岡山市市場1丁目1番地
 TEL 086-265-8216 FAX 086-264-9677
青果物セットセンター :岡山市藤田564-178生活協同組合おかやまコープ商品センター内
 TEL 086-296-7474 FAX 086-296-7545
(事業内容):青果物の加工等

株式会社岡印物流

岡山市市場1丁目1番地
 TEL 086-264-8211 FAX 086-264-1367
(事業内容):荷受け業務

アクセス

広島方面からお越しのお客様へ

山陽自動車道倉敷ジャンクションより瀬戸中央自動車道へ入ります。
次に早島インターチェンジで降りて国道2号線バイパスを岡山方面に行かれますと 2号線バイパス「青江交差点」に出ますので、国道30号線を越えたら(高架)側道を走ります。
信号4つ目「福富交差点」(高架下)を右折して、県道40号へ。
ここから約3㎞直進すると、左側に「マルナカ配送センター」が見えますので、その先の三差路を右(直進)に進みます。
そのまま道沿いに進むと、左手に「岡山中央卸売市場」が見えてきます。
お気をつけてお越しください。

姫路方面からお越しのお客様へ

山陽自動車道を「山陽インターチェンジ」で降り、右折して「県道37号線」へ。
そのまま南下すると国道2号線「平島交差点」に出ますので、さらに直進(南下)し「福治交差点」から「国道2号線バイパス」(高架)を走ります。
「トラックターミナル」を過ぎると一級河川「旭川大橋」にかかるので、側道に入り橋を渡った所で高架を降ります。
その後「県道40号・福富交差点」に出ましたら左折、ここから約3㎞直進しますと、左側に「マルナカ配送センター」が見えますので、その先の三差路を右(直進)に進みます。
そのまま道沿いに進むと、左手に「岡山中央卸売市場」が見えてきます。
お気をつけてお越しください。

関連リンク

他市場のページ

その他

  • 食育大事典
    食育大事典は、あらゆる健康と食に関する情報を検索できるページです。
    日々の食事を通じ、健康を維持するためにお役立てください。

ページの一番上へ