Outline会社概要

岡山丸果の役割

岡山市民、県民に対して青果物の安定供給を行うことを恒久的使命として、岡山丸果は、農林水産省の許可を得て、岡山市中央卸売市場において、市場条例に基づき野菜、果物、その加工品の卸売を行う 公共性の強い企業であります。
その売上高は、県内トップ、中国・四国地区第2位を誇り、青果物卸売業の中心的役割を担っています。

集荷・分荷機能

岡山市中央卸売市場の卸売業者として、全国各地の生産者(出荷者団体)から委託又は買付けによって集荷した野菜・果物等を 要な品目・量に分荷して買受人(仲卸、量販店、小売店)に販売をしています。

  • [画像]
  • [画像]

価格形成機能

「せり」や「相対取引」と呼ばれる販売方法によって、需給バランスや品質の優劣などを考慮しながら、公正な評価による透明性の高い価格を形成します。
「せり」は一番高い値段をつけた買い受け人に商品を売っていく方法で、「固定ゼリ」と「移動ゼリ」があります。

固定ゼリの様子

  • [画像]
  • [画像]

移動ゼリの様子

  • [画像]
  • [画像]

その反対に、「相対売り」は卸売業者が買受人と定められた規則に従って、数量・価格等について交渉する販売方法です。

信用決済機能

販売代金の精算や出荷者への支払いを迅速かつ確実に行います。

  • [画像]

保管・貯蔵機能

  • [画像]
  • [画像]

情報処理機構

市場での販売状況、入荷状況は行政機構、開設者に報告し、出荷者・買受人・量販店・小売店等に情報提供します。

  • [画像]

目標

岡山丸果は、岡山市近郊、県内はもとより、北は北海道から南は沖縄迄の個人、農協、生産者団体より青果物の出荷をいただき、商社より外国産青果物の仕入れを行っています。
日々入荷されるこれらの青果物は、市場内仲卸、売買参加者へせり売り、または相対売りされ、小売店、量販店を通じ、消費者の皆様へ販売されます。

新流通時代と形容され、中央卸売市場を取り巻く環境は激変している現在にあっても、青果物の流通を通じて国内農業の育成、食文化の向上、発展に貢献していきたいと考えます。

我々は、この使命達成の為、以下の目標を定め邁進します。

  • 情報収集機能を拡充し、産地の皆様との情報交換、情報提供機能の充実に努めてまいります。
  • 買受人及び消費者の皆様に信頼される会社として、より安全でより新鮮な食材を提供してまいります。
  • 需要の多様化による消費者ニーズに対応出来るよう、全国各地から食材を集荷し、商社機能の拡充を図ります。
  • 現在、日本の青果物の自給率は、40%となり世界的にも低水準にあります。日本というすばらしい環境、気候に恵まれた国土の中で、生産者の皆様のたゆまない努力によって作られる農産物を、よりよく評価、価格設定し、再生産・生産拡大出来るよう販売者として努めます。

福祉活動

平成29年12月19日、弊社の花房昌男社長が市役所を訪れ、大森雅夫岡山市長に「みかん」100箱を寄贈させて頂きました。この「みかん」は「福祉みかん」と呼ばれ、昭和45年から毎年続けています。「みかん」は市内の社会福祉施設に入所されている方々に配布して頂きました。

  • [画像]
  • [画像]

ページの一番上へ